AWSでのネットワーク設計するならAWS シンプルアイコンはダウンロード必須

自分のメモ代わりに。
AWSでネットワーク図書こうと思った時に、いいアイコンないかなぁと思ってたら公式で配布してるんですねー。

パワーポイントはもちろんのこと、Cacooにまで対応してて素晴らしいですね。

対応形式一覧です
* Microsoft PowerPoint 形式
* Microsoft Visio ステンシル
* SVG 形式および EPS 形式
* オンライン作図ツール

ダウンロードはこちらから
アーキテクチャダイアグラムの AWS シンプルアイコン

続きを読む

Rails4でActiveModel::Modelを使ったValidationでi18nを使う

class HogeForm
  include ActiveModel::Model

  attr_accessor :name

  validates :name, presence: true
end

Rails 4.0.0 以降で上記のように ActiveModel::Model を include することで簡単にValidationを含んだformが作れるようになりました。便利( ^ω^)

で、エラー表示のところでなんとなく

ja:
  activerecord:
    attributes:
      hoge_form:
        name: 名前

としていたのですが、上手く名前が反映されませんでした。
で、正しくはこう書くべきでした。

ja:
  activemodel:
    attributes:
      hoge_form:
        name: 名前

続きを読む

DECOPOCHIが出来るまで。COOKPAD主催 第4回「開発コンテスト24」で優勝しました。

DECOPOCHI

COOKPAD主催 第4回「開発コンテスト24」で優勝しました。
はい。 http://info.cookpad.com/24contest4_award

24時間で発表されたテーマに沿ったプロダクトを作って応募しようというもの。
http://info.cookpad.com/24contest4

発表されたテーマは『年をとった自分が使うサービス』
作った作品は、 DECOPOCHI(デコポチ) という、オリジナルのポチ袋を作れるサービスです。 (さらに…)

続きを読む

ImageMagick, Identifyが使えなくなった.

RailsでWebアプリを作成している際,突然画像のuploadがうまく行かなくなった.
該当部分をいじっていたせいかなと思って色々と調べてみると.

[paperclip] An error was received while processing: #<paperclip::errors::notidentifiedbyimagemagickerror: /tmp/300x8020120606-82393-1nqx5e9.gif is not recognized by the 'identify' command.>

と,でてくる.identifyがうまく言ってないみたい.

(さらに…)

続きを読む

Rails3.2でAjax File uploadでsubmitのvalueが消える問題

先日,業務でRails3.2を使っていたんですが,jquery-rails.jsにおそらくバグ(?)があり表題の問題が起こっていた.
一つのフォームにおいてカテゴリ毎に保存ボタンを付けて,そのボタンを押したときはそのカテゴリのみを保存したいという仕様の実装をしている時だった.
結局jsに手を加えるのもupdate時のバグになるかなと思ったので,普通にAjaxで実装した.
今回は現象のまとめと,その時の対応方法をまとめる.

(さらに…)

続きを読む

Rails3.xのfilterの呼び出し順

Railsのfilterって3種類ある.
before_filter, after_filter, around_filter

application_controller.rbなどで


class ApplicationController < ActionController::Base before_filter :hoge before_filter :fuga after_filter :pero end [/ruby] hoge_controller.rbなどで [ruby] class HogeController < ApplicationController before_filter :foo after_filter :bar around_filter :ara end [/ruby] とした時に,読み込みの順番として 1. hoge 2. fuga 3. foo 4. ara (アクション) 5. ara 6. bar 7. pero と,読み込まれる. before filterは宣言順, after filterは宣言逆順 around filterはbeforeとafterと一緒の呼び出し順. 普通に考えればそうですかね.

続きを読む